自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【1~20位】

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選

Part5です。21~100位は以下のリンクからどうぞ。

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【21~40位】

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【41~60位】

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【61~80位】

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【81~100位】

記事として紹介する都合上、映画に順位をつけていますが、作品の優劣を示す指標ではありません。あくまで紹介順程度としてお考えください。興味のある映画があったらぜひ見てみてくださいね。

20. ミッドナイト・イン・パリ (2011)

ウディ・アレン監督のドラマ映画。第84回アカデミー賞脚本賞受賞作です。

自作小説に悩むギル・ペンダーは婚約者、その家族とともにフランスのパリを訪れました。

ある夜、酒に酔ったギルは著名な小説家・芸術家・詩人が集う世界に迷い込んでしまいます..。

 

19.天使にラブソングを (1992)

 ウーピー・ゴールドバーグの代表作とも言える、ミュージカル・ドラマ映画。

クラブの歌い手だったデロリスは命を狙われる身となったため、保護され修道院で暮らすこととなります。

厳格な修道院の暮らしに辟易とする彼女でしたが、コーラスがめちゃめちゃな聖歌隊の指揮を任されることになります…。

 

18.レザボア・ドッグス(1992)

クエンティン・タランティーノ監督のクライム・サスペンス映画。

お互いを色で呼び合うギャングたちは銀行強盗を計画・実行するのですが、計画は失敗し数名は負傷します。

アジトに戻ったホワイト・オレンジ・ピンクは裏切り者捜しを始めるのですが…。

オープニングのテーマ”Little Green bag”と共に歩く6人がかっこいいです。

17.きっと、うまくいく (2009)

インドで大ヒットを記録したドラマ・コメディ映画。

ランチョー・ファルハーン・ラージューはインドの難関工科大学の同級生。ランチョーをライバル視していたチャトルと共に、卒業して10年後再会する約束をしていたのですが、ランチョーは卒業後行方知れずとなっていたのでした…。

171分と長いですが、3人の掛け合いがテンポ良く、飽きさせない映画です。

16.シンドラーのリスト (1993)

第2次世界大戦のユダヤ人虐殺”ホロコースト”を題材とした映画。第66回アカデミー賞作品賞を含む7部門受賞作。

ナチスドイツにより、ユダヤ人の強制収容が行われていたポーランド。実業家オスカー・シンドラーが営む工場には多数のユダヤ人労働者が働いていました..。

収容所の描写やポーランドの様子など、人類の記憶にとどめておきたい1作です。

15.オールド・ボーイ (2003)

パク・チャヌク監督のドラマ・サスペンス映画。韓国映画の傑作です。

ある日突然誘拐され監禁された男オ・デス。15年間の監禁の後、彼は開放されます。

“彼はなぜ15年も監禁されたのか”協力者の女性ミドと共に真犯人を追うのですが…。

 

14.ローマの休日 (1953)

グレゴリー・ペック、オードリー・ヘップバーンが出演するローマが舞台の恋愛映画。

ローマを訪問していた王女のアンは自由にできない不満から滞在先を抜け出します。そこで、しがない記者のジョーと出会うのですが…。

時代を経ても尚語り継がれる、最高峰の恋愛映画ですね。ローマの町並みにも注目です。

13.バタフライエフェクト (2004)

タイムトラベルを題材としたアシュトン・カッチャー主演のSF・サスペンス映画。

主人公のエヴァンは自身の日記を読むことで記憶を引き継いだまま過去の出来事に戻れることに気がつきます。

幼なじみのケイリーを救うため過去の選択を改ざんするのですが、そこには思わぬ弊害がありました…。

 

12.ファイトクラブ (1999)

 ディビットフィンチャー監督、エドワード・ノートン、ブラッド・ピットが出演するサスペンス映画。

不眠症で悩む”僕”はある日石けん売りの男”タイラー・ダーデン”と出会います。

殴り合いを通じて仲を深めた彼らはお互いに殴り合う会”ファイト・クラブ”を設立します。ファイト・クラブのメンバーは増えて行き、規模も拡大していくのですが..

11.プライベート・ライアン (1998)

 スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マット・デイモンらが出演する、第二次世界大戦を描いた戦争映画。

戦地に送られたライアン家の4人兄弟。3人が戦死したという報告が寄せられます。

残る一人のジェームズ・ライアン一等兵(プライベート・ライアン)を生きたまま内地に送還させるため、ミラー大尉率いる小隊がドイツ軍と交戦中の戦地に向かいます。

10.アメリ (2001)

パリのモンマルトルが舞台のフランス恋愛映画。

カフェで働く少し変わった女性アメリは幼少期の環境から、周囲とのコミュニケーションが苦手でした。

そんなある日、他人の証明写真を集める変わった趣味を持つ男性ニノに恋をします。素直に気持ちを伝えることのできないアメリは…。

世界観や音楽、映像美などアメリの世界に引き込まれます。

9.ライフ・イズ・ビューティフル (1997)

 ロベルト・ベニーニ監督、主演の第二次世界大戦のホロコーストを題材とした映画。

ユダヤ人の明るい男グイドは教師であった女性ドーラーに一目惚れをし、結婚します。

妻との間に息子ジョズエが生まれ幸せな生活を送っていたのですが、ユダヤ人であったグイドとその息子は収容施設に連れて行かれてしまいます…。

8.セブン (1995)

ディビット・フィンチャー監督、ブラット・ピット、モーガン・フリーマンが出演するサスペンス映画。

ベテラン刑事サマセットと新米のミルズ刑事は巨漢の男性が殺された猟奇殺人事件を担当します。そこへ次の猟奇殺人が発生、7つの大罪になぞらえた連続殺人が始まります..。

登場人物の葛藤、犯人の思惑、息もつかせぬ展開、衝撃のラスト、サスペンス映画の名作です。

7.インセプション (2010)

クリストファー・ノーラン監督の、人間の潜在意識・夢の世界を題材としたSFアクション映画。

ドム・コブは相棒のアーサーと共に相手の潜在意識から情報を抜き取る産業スパイ。ある日サイトーという人物から潜在意識に別の感情を植え付ける”インセプション”を依頼されます。

夢の世界が重なり合う複雑なシナリオと美しい映像に魅了されること間違いなしの一作です。

6.時計仕掛けのオレンジ (1971)

 スタンリー・キューブリック監督の、ディストピア化した近未来を描いた映画。

4人グループ“ドルーグ”のリーダー、アレックスは暴力・ドラッグ・セックスに明け暮れる生活を送っていました。

ある事件においてアレックスは逮捕され、椅子に縛られ・目を見開かれて始終映像を見せられる“ルドヴィコ療法”を受けさせられます..。

5.フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)

 ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクスが主演のフォレスト・ガンプを演じるドラマ映画。

知能が少し劣っていた少年フォレスト・ガンプは優しい女の子ジェニーと仲良くなります。フォレストは俊足を活かしてアメフトで活躍し、激動の人生を歩んでいきます…。

“人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない”という名言も生まれた、感動の名作です。

4.ダークナイトシリーズ (2005-2012)

クリストファー・ノーラン監督アメリカで大人気のコミック”バットマン”が主人公のアクション映画。

実業家ブルース・ウェインはバットマンとして、検事のハービー・デント、警察のゴードン本部長と犯罪の多発する街ゴッサム・シティを警備していました。

バットマンの前には宿敵ジョーカーが立ちふさがります。ジョーカー役ヒース・レジャーの名演技に鳥肌が止まりません

3.メメント (2000)

 クリストファー・ノーラン監督の出世作でもある、サスペンス映画。

主人公のレナードは強盗に襲われ、妻を殺されます。精神的ショックから彼は10分しか記憶を保てない人間になってしまいました。

忘れてはならないことをメモやポラロイド写真、体の入れ墨に残し、妻殺しの犯人”ジョン・G”を追うのですが…。

2.ショーシャンクの空に (1994)

フランク・ダラボン監督の言わずと知れた名作映画。

銀行員アンディは妻とその浮気相手を殺したえん罪で終身刑となり、刑務所に収監されます。刑務所で長年暮らす男レッドはアンディと仲を深めていくのですが….。

忘れた頃に見たくなる名作映画。死ぬまでに一度はジワタネホに行ってみたいです。

 

1.スラムドック$ミリオネア (2008)

ダニー・ボイル監督、成長を続けるインドの街ムンバイのスラム出身の青年の半生を描いたドラマ映画。第81回アカデミー賞作品賞受賞作。

スラム出身の青年ジャマールはクイズ番組”クイズミリオネア”に出演します。連続正解に不正を疑われたジャマールは警察でクイズの答えと彼の半生について語り始めます…。

話のテンポが早く、120分に良くまとめられているので個人的に好きな作品です。

 

あとがき

以上が”好きな映画100選”になります。名作と言われる映画はたくさんあって、100個に絞るとなると予想以上に苦戦します。リストを見返してみても、順位に関してはあまり参考にならないだろうな…と思ったりもします。個人的にはサスペンスやテンポの良い作品、120分くらいで収まる作品が好きなので、100選はややミステリー系に偏りがちで、逆に恋愛映画や長い映画は少なくなってしまいました。

“グリーンマイル”は未視聴なのでリストには入っていないのですが、自粛期間中に見ておこうと思います。その他挙げきれなかった作品として、

ビューティフル・マインド
素晴らしき哉、人生
グットウィル・ハンティング
ブラック・スワン
君に読む物語
最高の人生の見つけ方
イエスマン
2001年宇宙の旅
プラダを来た悪魔
ベンジャミン・バトンの数奇な人生
タクシードライバー
グット・フェローズ
ラ・ラ・ランド
それでも夜は明ける
ベン・ハー
マイノリティ・リポート
アラビアのロレンス
ブレード・ランナー
アメリカン・ビューティー
・・・

アクション・シリーズ物だと
インディ・ジョーンズ
ターミネーター
ワイルド・スピード
ハリー・ポッター
パイレーツ・オブ・カリビアン
ジェイソン・ボーン
アベンジャーズ
・・・

アニメ映画では
スートピア
風の谷のナウシカ
ピノキオ
トイ・ストーリー
インサイド・ヘッド
・・・

挙げたら切りが無くなりそうですのでこの辺で。世界には無数の映画がある中で、良い映画に出会えたときの、”この映画良かったなあ..”と思えるあの気持ちがたまらなく好きです。

 

こんな時期だとなかなか映画館に足を運びづらいと思うのですが、”自宅で名作を探す”旅”に出かけるのもまた良いのではないでしょうか。

 

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【21~40位】

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【41~60位】

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【61~80位】

自粛期間中にまとめて見たい名作映画100選 【81~100位】

本記事に含まれる画像はAmazonアソシエイトを利用したリンク画像です。本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です