カサブランカから日帰りで行ける世界遺産5ヶ所まとめ 【モロッコ】

カサブランカから日帰りで行ける世界遺産5ヶ所まとめ【モロッコ】

カサブランカから最も近い世界遺産、モロッコの首都ラバトにあるハッサンの塔。

モロッコには2019年現在、世界遺産が9ヶ所あります。アフリカ大陸にあり、イスラム教の影響を受けた文化は、独自の建築美を創り上げました。

そのうち、国際空港のある大都市カサブランカから日帰りで行くことができる世界遺産は5つあります。ここではカサブランカからの日帰り難易度(距離とは別に交通の便などを考慮したもの)順に紹介していこうと思います。

ラバト-近代都市と歴史的都市が共存する首都-

日帰り難易度★☆☆☆☆

モロッコの首都ラバトは街が世界遺産に指定されている。交通も整備されており散策しやすい。

ラバトはモロッコの首都に当たります。カサブランカからは鉄道で片道1時間程度で行ける最も近い世界遺産です。

見所は広大な広場と三大ミナレットの一つハッサンの塔ムハンマド5世の霊廟がある周辺と、イスラム風の庭園があるウダイヤの庭園、カスバ周辺に集中しています。

トラムやバスを使えば目立った観光名所はすべて抑えることができるので、手軽に観光したい人には便利です。

グラナダのアルハンブラ宮殿を思わせるイスラム庭園であるウダイヤ庭園。

ムハンマド5世の霊廟はイスラム教徒でなくても入ることができる。

駅から歩いて15分ほどのルアー門。細かな装飾は見応えがある。

詳しい解説はこちらの記事をどうぞ。

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 【モロッコ】 日帰り難易度と行き方

マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市

日帰り難易度★★☆☆☆

元は倉庫として使われていた地下貯水庫。水が反射して幻想的な雰囲気を見せる。

世界遺産に指定されているポルトガル都市は、モロッコがポルトガルの支配を受けていた時代に発展していた都市です。モロッコに返還されるまで200年近くのあいだポルトガルの領地であったため、イスラムとヨーロッパの文化の混合が見られます。

アルジャディーダ駅は鉄道で1時間半から2時間ほど。駅から世界遺産のあるポルトガル都市へはタクシーで15分ほどです。とても小さな街なのですぐに見終わってしまうと思います。

海岸沿いにある大きな壁の内側がポルトガル都市と呼ばれるエリアである。

メインストリートは人通りも多く、お土産屋やレストランもある。

詳しい解説はこちらの記事をどうぞ。

マサガン(アル・ジャディーダ)のポルトガル都市 【モロッコ】 日帰り難易度と行き方

古都メクネス

日帰り難易度★★★☆☆

メクネスのメディナに面するマンスール門には多くの人が訪れる。

古都メクネスは地中海のオリーブ畑が広がる草原の中に栄えた町です。メクネスへはカサブランカからフェズ方面行きの電車に乗り、約3時間ほどで到着します。

見所は新市街から30分ほど歩いた先にある旧市街に集中します。歩くと坂道をひたすら登ることになるので、バスやグランタクシーを使うのが便利です。

メクネスのメディナ。観光客は少なく、地元民向けの印象が強い。

散策の中心となるエディム広場。マラケシュやフェズと比べると静かな印象を受ける。

詳しい解説はこちらの記事をどうぞ。

古都メクネス 【モロッコ】 日帰り難易度と行き方

マラケシュのメディナ

日帰り難易度★★★★☆

ジャマ・エル・フナ広場はいつも多くの人々でごった返している。

マラケシュはモロッコの南部、サハラ砂漠の西部に位置しています。カサブランカからは電車で3~4時間程度でマラケシュ駅に到着します。旧市街へは駅からさらに歩いて30分、バスで15分ほどです。

マラケシュはメディナ以外にもサアード朝の墳墓群やエル・バディ宮殿など見所が多いです。カサブランカからの日帰りとなると、観光は少し駆け足になってしまうでしょう。

サアード朝が反映した際に建てられたエル・バディ宮殿。大きな中庭と水浴場が特徴。

サアード朝の墳墓群。全方位を住居で囲まれてしまったために発見が1900年代と遅れた歴史がある。

王が4人の妃と24人の侍女に囲まれて生活をしていたと言われるバヒア宮殿。

詳しい解説はこちらの記事をどうぞ。

マラケシュのメディナ 【モロッコ】 日帰り難易度と行き方

フェズのメディナ

日帰り難易度★★★★☆

モロッコ観光の代名詞とも言えるかわなめし場タンネリショワラがある。

フェズはモロッコ北部ある都市で、ムーレイイドリス1世がこの地を中心に建国しようとした王国が元になっています。カサブランカからは電車で4時間ほどで、本数も多いです。

駅からメディナまでは歩くと1時間以上かかります。また、見所も多いのでカサブランカからの日帰りの場合はかなりの駆け足になってしまうと思います。

イスラム王朝であるマリーン朝が全盛期であった際に建てられた学校、ブー・イナニア・マドラサ。

貴金属のスーク。メディナは迷路のように入り組んでいる。

街の外れにあるマリーン朝の墓地。高台の上からはフェズの市街が見渡せる。

詳しい解説はこちらの記事をどうぞ。

フェズのメディナ 【モロッコ】 日帰り難易度と行き方

 

以上5ヶ所です。いかがでしたか?気になった世界遺産はそれぞれリンク先に詳しい解説記事があります。

日帰り難易度は実際に行った筆者の主観です。みなさんのモロッコ旅行がより充実した旅になることを願っています。

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です