スペインの世界遺産カセレス旧市街の魅力【モロッコ・スペイン・ポルトガル】旅行記17日目

スペインの世界遺産カセレス旧市街の魅力

17日目 世界遺産13/47ヶ所

メリダの宿に荷物を置いた後、メリダ駅から鉄道に乗って世界遺産”カセレス旧市街“に向かいます。

ちょうど良い電車が来たのでそのまま乗って移動します。

窓の外にメリダの世界遺産の一部、ミラグロスの水道橋が見えます。

約1時間でカセレス駅に到着しました。

カセレス駅から旧市街まではかなり距離がある上に緩やかな上り坂もあり、徒歩30分ほどかかります。駅の近くのバス停から1番のバスが運行しており、所要10分ほどで世界遺産の地区付近に行けるようです。

例によって、駅から世界遺産へは歩いて向かいます。

カセレスはエストレマドゥーラ州にあり、街の雰囲気も少し違います。

しばらく進むと、徒歩30分にしてようやく旧市街に到着しました。

探索の起点となるマヨール広場。星の門とプハコの塔があり、カセレス旧市街の入口です。

カセレスの歴史は古く、紀元前の時代ローマ人によりこの地に都市が建設されています。以降は交易の要所としても活躍しました。

都市が発展したのはレコンキスタの時代で、居住していたイスラム教徒がレコンキスタに対抗するため街を城壁で囲い、現在のような光景となりました。

赤い屋根とレンガの家が連なる旧市街の町並みは高台にある教会から見渡すことができます。街の入口にある星の門や中心部にある歴史あるサンタ・マリア教会なども見どころです。

星の門とプハコの塔

星の門は旧市街の西側にある入口で、プハコの塔は隣接する見張り塔です。門の裏側にマリア像が彫られていることから”星の門”という愛称がつけられました。プハコの塔を経由して門の上側を歩いて散策することができます。

旧市街の入口にある大きな門が星の門。とても目立ちます。

門の裏側にはマリア像が彫られているので見逃さないように。

プハコの塔から階段で星の門の上に登ることができます。

サンタ・マリア教会

旧市街の中心部に位置する教会で、12~16世紀にかけて建てられた大きな教会です。かつては大聖堂として機能していたこともあり、内部はとても広いです。

プラテレスコ様式の祭壇の他、鐘楼に上がることもでき、カセレス市街を上から眺めることができます。

旧市街の中心部にあるひときわ大きな教会。

小手も広い教会内部。プラテレスコ様式の美しい祭壇があります。

音声ガイドを借りて館内を巡ります。鐘楼に階段で上ることもできます。

新教会

名前のない新しい教会ですが、高台の見晴らしの良い場所にあり、この鐘楼からはカセレス旧市街が一望できます。

内装やその歴史には見どころが無い教会ですが、上からの眺めを見るためだけに入場するのもおすすめです。サンタ・マリア教会の南側、目立つ位置にあります。

旧市街の真ん中にあり、遠くからでも目立つ教会です。

鐘楼からの眺め。サンタ・マリア教会も見えます。

上から見ると要塞都市であったカセレスの名残がわかります。

カセレス博物館

旧市街の南東部にあり、18世紀の建物を改築して建てられた博物館です。カセレス地方のローマ時代の出土品やカセレスの歴史に関する展示があります。

また、地下部分には11世紀の貯水庫が保存されており、こちらも見応えがあります。月曜日が休館、かつシエスタが15時~17時と特殊なのにも注意が必要です。

地下一階にある大きな貯水庫が見どころです。

アラブ式の貯水槽。17時からは博物館が入場無料となるのもうれしい。

 

カセレス旧市街の世界遺産に指定された区域は、城壁に囲まれており、それほど広くはありません。町中の見どころを含めても(博物館を除き)1時間あれば全て回れると思います。

レンガでできた家や路地はとてもおしゃれで歩いていても楽しい世界遺産です。

カセレス旧市街はレンガを中心とした建物が多いです。

路地は同じような景色が続き、迷いやすいです。

星の門から城壁づたいに歩いてみるのも良さそうです。

カセレス博物館でやたらとじゃれついてきたネコが居ました。

ネコと一緒にひなたぼっこ。カセレスは人も動物も、のどかな街でした。

・・・

この黒猫とずっとのんびりしていたかったのですが、帰りの電車の時刻が迫っているためカセレス駅に向けて戻ります。

ちょっとのんびりしすぎたこともあり、途中からは走って駅に戻りました。が、乗ろうとしていた電車は1時間も遅延しており、余裕で間に合い駅で1時間待つというハプニングがありました。

メリダに戻った頃にはすっかり日も暮れていました。簡単な夕食を済ませ、宿に戻ります。駅から近く、清潔感のある良い宿だったので知らずのうちに熟睡していました。

翌日はこのメリダにある世界遺産”メリダの考古遺跡群“を見学した後、国境の街バダホスを抜けてポルトガルに向かいます。

 

つづく。

 

少し長い旅行記となりますが、基本的には月水金の週3更新を目標に執筆する予定です。

下のランキングボタンをクリックして応援していただけますと幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

次の記事はこちら

メリダの円形劇場とローマ遺跡群見どころまとめ【モロッコ・スペイン・ポルトガル】旅行記18日目前編

前の記事はこちら

世界三大聖堂のセビリア大聖堂【モロッコ・スペイン・ポルトガル】旅行記16日目後編

最初から読む方はこちら

41日間で47ヶ所の世界遺産を巡ったモロッコとイベリア半島の旅 【モロッコ・スペイン・ポルトガル】旅行記計画編

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

 

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です