シンハラージャからバスでゴールに行く方法 【スリランカ】旅行記7日目後編

スリランカ旅行記7日目後編

ジャングルの中、秘境の世界遺産シンハラージャ自然保護区からスリランカ最後の世界遺産があるゴール市内へ向かいます。

ここシンハラージャはクダワ付近の陸の孤島。とにかくまずはバスでカラワナに戻ります。

歩いて先ほどバスを降りた橋の近くに戻ります。

見知らぬ土地に来たとき、大きな橋や川は居場所を判断する目印になる。

ちょうどこの橋付近がクダワ-カラワナのバスが運行している通りなのでここで待ちます。バス停らしき物はないので心配でしたが、近くの人に聞いてここで待っていればいいよと言われたので道ばたで待っていました。

バスは1時間に一本しかない上に車やタクシーはほとんど通らないので気をつけたい。

14時に次のバスが来るよとシンハラージャでガイドしてくれた青年が教えてくれたので良かったですが、帰りのバスの時刻も調べておくと良いでしょう。

野良犬が寄ってきたりして怖かったですが、程なくして轟音を立ててバスがやってきました。

スリランカのバスは運転手が一人とチケット売り兼案内役の人が一人の2人体制で運行しています。バスに乗ったときこのチケット売りの青年が行き先を聞いてきました。

ここからゴールまでどう行けば良いか分からなかったので、写真を見せて最終的にここ(ゴール)に行きたいんだというと、やや難しそうな顔を浮かべました。

どうやらゴールは遠い街らしく、バスの乗り継ぎも複雑なようです。そこで、じゃあ大きな街ラトゥナプラに戻るよと言うと、それは遠回りだなあと言うようなもどかしそうな顔をしました。

しばらくするとチケット売りの青年は運転手と長話をしに前の方へ戻っていきました。

カラワナまではまだ時間があるのでスリランカの森の奥の風景を眺めます。

先ほどの街、カラワナに戻ってきた。ここまで来ればやや安心。

だんだんと人が住む町並みに車窓が変化し、先ほど乗り継ぎをした小さな街カラワナに戻ってきました。ここまで来ればラトゥナプラはもうすぐです。

チケット売りの青年が近寄ってきて、おまえはこのバスに乗るといいよと一台のバスに案内してくれました。

案内されたバスに乗って一路ラトゥナプラを目指します。

と思っていたのですが、ふとGPSに目をやるとどうやら違う方向にバスは進んでいきます。

???

バスを間違えたかな?とやや恐怖が脳内をよぎります。バスはラトゥナプラ方面ではなく、西に向かって進んで行きます。

どこかで降りてカラワナに戻らなければと焦った矢先、このバスのチケット売りの青年が近づいてきました。

このバスはどうやらカルタラという町へ向かって走って行くことが分かりました。

スリランカの地図を引っ張り出して見てみると、確かに小さな港町カルタラに出ると、ゴールまでは大きな近道になります。

ラトゥナプラを経由するよりも楽に、しかも小回りでいけることに気付き、ほっとしました。

カラワナといいカルタラといいガイドブックにも載らないような小さな町を経由するのでやや不安でしたが、同時にわくわくもしました。

バスに乗っているのはスリランカ人だけで、観光客は一人もいません。

カルタラはかなり離れているので、少なくとも2時間はかかるでしょう。

長い長いバス旅の始まりです。

最初の15分くらいはあたふたしていましたが、行き先が分かるとようやく落ち着いて車窓を眺められるようになってきました。

山間の細い道をひたすら前に進みます。蒸し暑くもありますが窓から入ってくる風が涼しく、エアコンがなくても気になりません。

幸いだったのは窓側の席に座れたこと。ぼんやりと窓の外を眺めながら、熱帯雨林散策の疲れからかうとうとし始めました。

・・・

ふと気付くと車窓はすっかり人気のある町中を走っています。日は暮れかかり、16時ごろです。

バスはカルタラ手前のさらに小さな町マツガマ(matugama)で停まりました。このバスはここが終点で、カルタラに行くにはさらにバスを乗り換えろとのことでした。

バスが止まり終点だと言うことに気付かないでいると、一人のスリランカ人が話しかけてきました。

君、さっきシンハラージャにいたでしょ。あそこで見かけたから覚えてるんだ!

どうやら彼もシンハラージャの観光に来ていたようで、知らないうちにすれ違っていたようです。確かにあの世界遺産に行く観光客はほとんどいませんから、日本人の自分はよほど目立っていたのでしょう。

このあとゴールに行くの?じゃあカルタラで乗り換えだね。バスを探してあげるよ。

スリランカの人はほんとうに親切で、困っているとすぐに助けてくれます。見返りを求められることもないのでこちらも気持ちが良いです。

すぐにカルタラ行きのバスが出発し、30分ほどで海岸沿いの町カルタラに到着しました。

港町カルタラ。ついにスリランカで初めて海に出た。

スリランカの南西海岸部はコロンボ~ゴールまでマリンスポーツのメッカでもあり、大きな道が整備されています。

ここでバスを降り、さらにゴール行きのバスを待ちます。

カルタラでゴール行きのバスを待つ。先ほどまでとは異なり道幅も大きく道路が整備されている。

待っている間、潮風が海の香りを運んできます。ここまで来ると、長かったスリランカの旅も終盤なんだなあと言う気持ちがこみ上げてきました。

ゴール行きのバスはぎゅうぎゅう詰めの大混雑で、疲れた体にはとてもしんどく感じました。

海岸沿いの道は大きな町をいくつも通過するので、途中の乗り降りの際にようやく座ることができました。

バスは何時間も掛けて南下していきます。すっかり日も暮れ、バスの中の人も減ってきた夜20時頃、ようやく港町、ゴールに到着しました。

すっかり夜。バスを4台乗り継いだ6時間の旅はようやく終了した。

疲れはたまりましたが、目的だった最後の町ゴールに着くことができた喜びは大きかったです。

世界遺産ゴール要塞は市内にあるためゆっくり時間をかけて巡ることができます。

ゴールに着いたことで、スリランカの世界遺産制覇の旅は成功したと言える。

あたりは真っ暗なので観光はできませんが、近くの安ホテルを探します。

スリランカは野良犬が多いが、ここゴールは港町なのでネコが多い。

最後の宿泊地が決まると、ほっとした安心感からか疲れがどっと押し寄せました。

日本に帰国する便は明日の夜遅くになるため、コロンボに戻る時間を考慮してもかなり余裕がありそうです。

シャワーで汗を流し、なみなみと盛られたイタ飯を平らげて深い眠りにつきました。

 

次の記事はこちら

 

前の記事はこちら

秘境の世界遺産シンハラージャ自然保護区でヘビに遭遇 【スリランカ】旅行記7日目前編

最初から読む方はこちら

7泊9日でスリランカの全世界遺産を制覇する旅 【スリランカ】

 

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

 

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です