東南アジア旅行記 下巻: 人生なんて一瞬で変えられる 【ブックレビュー】

東南アジア旅行記 下巻: 人生なんて一瞬で変えられる 【ブックレビュー】

本記事は”東南アジア旅行記 下巻: 人生なんて一瞬で変えられる”という本のレビュー記事です。

著者紹介

以前の記事でも紹介した世界遺産巡りの界隈では有名なブロガーでもある世界遺産ハンターさんが手がけた長編旅行記の後編です。

東南アジア旅行記 上巻: クソみたいな人生から逃げ出す旅 【ブックレビュー】

語り調の文章は何か引きつけるような魅力があり、何度も読みたくなるような中毒性もあります。

以前にも紹介した方であるため、上巻の記事リンクとブログリンクを持って紹介とさせていただきます。

世界遺産ハンター.com

あらすじ

まずは商品紹介ページより一部文章の引用・抜粋です。

『深夜特急』を読んでこう決めた。
とりあえず旅に出よう。

お金がない。
時間がない。
英語が喋れない。

うだうだ言い訳ばかり並べて『やりたい事をやる』と言う、極シンプルな原理から逃げていた。30万円もあれば二ヶ月くらい普通に過ごせる。足りなきゃクレジットカードでキャッシングすればいい。英語だって片言しゃべれれば困らないだろう。

俺は完全に開き直った。
理由も何も要らない、ただ行きたいから行く。

俺も行こう!!本を読んでいるうちに選択肢が一つだけになっていた。この本を読んで旅に出た人は、かなりたくさん居ると思う。ただ行きたいから行く。そんな当たり前のことを決断させてくれた。

だから俺は今、ここに居る。

旅人のバイブルでもある深夜特急を手に、現代社会の喧噪から逃れるように旅に出た作者がインドネシア・バリ島を目指す不思議な冒険の物語の後編です。

感想

前作の旅行記の完結編に当たります。非常に続きが気になる終わり方だったので待ち望んでいましたが、早速購入しました。

やはり表現力や文章力にはとても魅力があります。旅先で魅力的な人々とすぐに打ち解けていくのは筆者の人柄の良さなのでしょうか。

いろいろな苦労もなさったのでしょうが、そうした苦い思い出を振り返って笑いに変えられるというのもまた人柄の良さが表れています。

目的地バリに着いた後の話が短く終わってしまったのは少し残念でしたが、ゴールに着くまでの道中を楽しむという意味では最後までとても楽しめました。

これから海外一人旅をしてみたい!と思う若い人に読んで欲しい、物語でした。

さらに、物語のあとがきが本編というほど後書き部分が充実しており、これから読む方はこちらにも着目して欲しいです。

日本社会と海外を比較して感じたことや、旅を通じて変わった物の考え方など、勉強になる部分がとても多かったです。

 


本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です