1日で全部巡る奈良斑鳩の世界遺産、法隆寺、法起寺、薬師寺、唐招提寺【日本】Part9

1日で全部巡る奈良斑鳩の世界遺産、法隆寺、法起寺、薬師寺、唐招提寺

奈良県内には2つの世界遺産、法隆寺地域の仏教建造物と古都奈良の文化財があります。それぞれ法隆寺、法起寺と薬師寺、唐招提寺、元興寺、東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、平城宮跡が構成資産です。

これらの世界遺産は健脚で、見学時間をある程度短く妥協でき、移動手段があり、空いていれば、1日ですべて回りきることができます。

今回はバイクでそれを実践してきたので工程を紹介していきます。

まずは開館時間が早く、比較的すいている時間に巡っておきたい斑鳩、法隆寺から巡ります。朝早くいくと空いているため人気の世界遺産から始めるのがおすすめです。

まずは朝8時、法隆寺の開館に合わせて入場します。

法隆寺

法隆寺は1993年、日本最初の世界遺産の一つとしてユネスコに認定されました。現存する世界最古の木造建築であり、見どころとして西院伽藍には南門や金堂、五重塔が東院には夢殿があります。

推古天皇と聖徳太子により7世紀に建てられた歴史ある建築は”柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺”の句などに代表されるように、古くから多くの人々に知られています。

境内は広く、見どころも多いため東院伽藍まで含めると見学時間は1時間半を見ておくとよいでしょう。

日本最初の世界遺産のひとつ、法隆寺。人の少ない朝の時間帯がおすすめです。

世界遺産登録の碑。左手の入り口からチケットを購入して入場します。

西院伽藍。左に五重塔、右手に金堂が見えます。五重塔内部の塑像も見ごたえがあります。

朝早くいくと日中は観光客でにぎわう伽藍もこの通りゆっくり見学できます。

中門のエンタシスの柱など、法隆寺は飛鳥時代の建築技術の粋が詰まっています。

東院伽藍の夢殿。西院伽藍と比べるとやや小ぢんまりとした印象です。

 

法隆寺の見学後は、車で10分足らずの場所にあるもう一つの構成資産、法起寺に向かいます。

法起寺

法起寺は法隆寺の北東部に位置する寺院で、聖徳太子の死後完成し、繫栄しました。奈良時代以降は徐々に衰退し、現在は再建された金堂と、3重の塔、庭園などを要する小さな寺院となっています。

法隆寺とともにこちらの寺院も世界遺産に指定されています。寺の北側に大きな無料駐車場があるほか、近くにはバス停もあります。

法起寺の北側にある駐車場。金堂の裏手側にあたります。

法起寺の入場口。法隆寺と比較するとかなり簡素になっています。

法起寺の三重塔は世界遺産であるほか、国宝にも指定されています。

正面の金堂と右手の三重塔。見学個所はここだけなので見学は10分もあれば十分です。

法起寺の庭園は小さいながらもよく整備されており、とてもきれいです。

 

さて、8時から順調に見学が進んでいれば、法起寺の見学が終わるのは10時ころなのではないでしょうか。斑鳩での見学を終えた後は奈良市内に向けてバイクを走らせます。

奈良郊外の世界遺産、薬師寺と唐招提寺を目指していきましょう。

法起寺から薬師寺まではバイクで20分前後です。

薬師寺

薬師寺は奈良の中心部からやや離れた南西方面にある寺院で、7世紀、天武天皇によって建てられたのち現在の場所に移転されました。古都奈良の文化財の構成資産として世界遺産にも登録されています。現存するのは東塔のみで、他はすべて再建された建物になっています。

奈良市内からは近鉄西ノ京駅を利用することでアクセスできるほか、白鳳伽藍の南側には大きな駐車場があります。

世界遺産薬師寺の石碑。古都奈良の文化財の構成資産です。

南駐車場からはやや離れており、徒歩5分ほどかかります。

白鳳伽藍の入り口。南門は重要文化財にも指定されています。

薬師寺の金堂。元の建物は焼失し、20世紀昭和に入ってから再建されたもの。

北側から見た東塔と金堂。東塔のみが創建当時から残る唯一の建物です。

1300年前当時のままの水煙が西僧房で一般公開されています。

北側には玄奘三蔵院伽藍があります。見どころは玄奘塔や壁画殿などです。

唐の僧、玄奘のために建てられた玄奘塔。20世紀の建物です。

 

薬師寺は面積が広く見どころも多いので見学にはやや時間を要します。また10時を過ぎると観光客が増えてきます。続いて薬師寺からバイクで10分、北側の唐招提寺に向かいます。

唐招提寺

唐招提寺は言わずと知れた鑑真ゆかりの寺院です。5度の航海失敗を乗り越えて来日した鑑真は東大寺で僧たちに戒を授けるなど5年をすごしたのち、この地に道場を建立しました。

これが律宗総本山唐招提寺の始まりとされています。世界遺産に登録されているほか、金堂や講堂は国宝に、東室や御影堂は重要文化財にも指定されています。

西ノ京駅からバスでアクセスできるほか、唐招提寺の南側には大きな駐車場があります。バイクは駐輪無料です。

唐招提寺の入り口、南大門。薬師寺から近いのも便利です。

入り口を入ると正面に金堂が見えます。奈良時代に創建されたものが残っており国宝に指定されています。

唐招提寺の世界遺産碑。こちらも古都奈良の文化財としての登録です。

金堂の裏手にある講堂。こちらも奈良時代から創建当時のままの建物で、国宝です。

校倉様式の宝蔵と経蔵。どちらも奈良時代の建築で、こちらも国宝です。

敷地の裏手にはひっそりと鑑真和上の霊廟が置かれています。

自然に囲まれ、静かな場所にある鑑真和上霊廟。

僧が戒を賜る戒壇。土台は鎌倉時代のものです。

 

唐招提寺も見どころや国宝が多数あるため40分から1時間ほどの見学時間を見ておくとよいのではないでしょうか。8時に見学を初めているのであればこの時点でおそらく12時半から13時くらいなのではないでしょうか。

これから奈良市内に向けて出発し、午後は残りの世界遺産、元興寺、興福寺、東大寺、春日大社を見学します。市内へは混雑がなければバイクで20分ほど。移動時間を短縮するため、できるだけ東大寺や興福寺に近い駐車場を目指しましょう。

 

次の記事はこちら

 

前の記事はこちら

世界遺産大峯の龍泉寺と吉野山散策【日本】Part8

少し長い旅行記となりますが、基本的には月水金の週3更新を目標に執筆する予定です。

下のランキングボタンをクリックして応援していただけますと幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

 

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です