世界遺産アヌラーダプラで韓国人と再会していやな気分になった話。 【スリランカ】旅行記3日目後編

スリランカ旅行記3日目後編

 

ダンブッラからアヌラーダプラへはバスで2時間半くらいです。最初の方は混んでいましたが、途中の街で降りる人が多く、ほとんどの工程で座っていることができました。

アヌラーダプラに着く頃には満員だったバスも3分の1くらいに減っていたかなあと思います。

アヌラーダプラに着いたのは16時前くらい。ここの世界遺産”聖地アヌラーダプラ”は日本の京都と同じく、寺院群が広い範囲に点在しています。

ガイドブックにはゆったり自転車で回ると良いと書いてあるのですが、チケットオフィスは17時でしまってしまうので急いでいることもあり流しのトゥクトゥクを拾おうと考えていました。

長旅を経て新たな都市にやってきた。さらに田舎の都市といった感じ。

大きなバスターミナルがあり、その前にはトゥクトゥク勧誘の群れがいる。

世界遺産のある観光地ですから、やはりトゥクトゥク勢が待ち構えています。チケットが17時でしまっちゃうから遺跡もたぶん閉館しちゃうでしょうし、今日はムリかなと思っていたのですが、19時くらいまで開いているから大丈夫だとのことでした。

値段は相場くらいで、あまりふっかけてくる感じではなかったのでそのまま観光に向かいます。

トゥクトゥクで走ってもかなり遠く感じたので、自転車だとなおさら大変だと思います。スリランカの気温の中を地図を見ながら走るのは体力も気力も使いそうです。

バスターミナルからトゥクトゥクで少し走ったところで聖地アヌラーダプラ1つめの世界遺産、”イスルムニヤ精舎”に到着しました。

仏教の日の休暇に当たるので白い服を着てお祈りをするスリランカの人が多い。

ここが一つ目の観光スポットイスルムニヤ精舎の入口。

聖地なのでゲートよりも先は靴を脱がなければならない。

白い服を着たスリランカの仏教徒が列を作ってお参りをする。

驚くべきなのは、アヌラーダプラのこうした遺跡は紀元前3世紀にさかのぼると言うことです。かなり早くから文明が根付いていたということになります。

大きな岩をくりぬいて建てられた寺院はアヌラーダプラの中でも特に神聖な場所。

岩の裏側からは上に登ることもできる。裸足なので岩はとても熱い。

大きな岩を利用した寺院はシーギリヤロックを思わせる。

靴も帽子も取らねばならないスリランカの仏教は日本の仏教と異なっている。

こちらが大岩の中に掘られた御堂。ひざまずき熱心に祈る人が多かった。

もう夕方の4時だというのに、入場する人が後を絶えません。ただ、見かけるのはスリランカの地元の人々だけで、海外の観光客はほとんど見かけませんでした。

紀元前を由来とする不思議な寺院を後にして、次のスポットへ向かいます。

トゥクトゥクで走る道は入り組んでおり、一つ一つがかなり離れているので、やはりチャーターがおすすめだと感じました。

なんだか地面がでこぼこな場所に案内された。

大きなストゥーパ。スリランカではダーガバという名前で呼ぶ。

日が沈みかけた夕方だというのに暑さがいっこうに収まりません。さらに、午前中シーギリヤロックに登っていることもあり、だんだんと疲労を感じ始めました。

このダーガバは何という名前だったかすらあやふやですが、足早に観光を終えたことだけは覚えています。

アヌラーダプラには大きな湖があり、水浴びをしている人たちもいた。

またかなり運転して次の目的地に連れて行かれました。ここが聖地アヌラーダプラの中心とも言われる場所です。

アサルトライフルを持った軍人がたくさんいて物々しい雰囲気が漂う。

大きな門をくぐると長い道が奥まで続いている。

白い服に身を包んだ参拝客がどんどんとやってきている。

しばらく歩くと白く美しい門構えが目に入った。

アヌラーダプラのなかでも神聖な場所、スリー・マハー菩提樹はなんと仏陀が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹の枝木を植えて育った菩提樹があると言います。

かなり神聖な場所らしく、手荷物から身体検査までかなり入念に検査されました。ボディーチェックは男女に分かれていますが、どちらもかなり細かくチェックされているようでした。

中に入るとその聖地であるが所以がよくわかりました。

奥にあるのが聖なる菩提樹。多くの人がお祈りに訪れている。

雄大な菩提樹の下で熱心にお祈りを捧げる人が多い。

菩提樹の周辺にはたくさんの木が植えられており、木陰で瞑想にふけっている人もたくさん見かけました。

菩提樹の周りでは非常に静かな時間が流れており、心地よかった。

木は厳重に守られており、根元まで近づくことはできない。

ここでは写真をパシャパシャ撮ることはやめ、静かで神聖な雰囲気に浸ることにしました。

さて、次の観光地に向かいます。ここまで来た長い道を引き返して道沿いに見えた大きなダーガバを見学に行きます。

ルワンウェリ・サーヤ大塔という、遠くからでも見える大きなダーガバ。

ここも厳重なセキュリティ・チェックがあり、リュックは置くまでひっくり返され、ボディチェックもとことんやらされました。

この巨大なダーガバも近年装飾されたが紀元前2世紀にさかのぼるらしい。

のんびり見学しようとしていると、後ろから大きな帯を抱えた人の列がやってきました。

とても長い帯をたくさんの人が持ちながら大塔に入っていく。

お供え物を捧げる人もたくさん参列しており、みな列に祈りを捧げている。

大きな帯を持った人はこのダーガバをゆっくりと一周していく。

どうやらこの日は仏教の特別な週末だったらしい。イベントを各地でみかけた。

大きな塔をぐるっと巻いていくようだった。

この日は仏教の日ポーヤデーに近い日で一週間ほどかけて各地で神聖なイベントが開かれているようでした。

訪れた2019年の春にスリランカでは宗教がらみの大きなテロがあったばかりですから、この日も厳重警戒態勢が敷かれていたのではないでしょうか。

お祭りを見届けた後、急ぎ足でトゥクトゥクに戻ります。ここでドライバーのおじさんからチケットを渡されました。

本来はアヌラーダプラの一連の施設を見学するのに25ドルのチケットを買うのですが、チェックされる検問があまりなく、チケットを払わず見学する人もいるそうです。

トゥクトゥクのおじさんは私の分のチケットを安く買っておいたからこれを使いなさいと勝手にチケットを買わされました。

確かに正規の値段よりも安いのですが、ウィーアーフレンドとか行っていたので、限りなく黒に近いグレーなチケットでしょう。

アヌラーダプラでは違法チケットが横行しており、なるべく正規のルートで購入してくださいと注意書きがガイドブックにありますが、買う人が少ないのが現状ではないでしょうか。

私は来るのが少し遅かったこともあり、閉館時間もあって焦っていたのでトゥクトゥクに飛び乗ってしまいましたが、このチケットでもめている外国人の老夫婦を見かけました。

もちろん遺跡見学ではチケットを買うべきだし、正規ルートで買うのが推奨されますので、ぜひ十分注意してください。

アヌラーダプラのハイライトはだいたい終わりましたが、まだまだ見所があると言います。

こちらはまた別のダーガバ。3つも見ればだんだん飽きてくる気がする。

それほど大きくはないが周りに石柱がたくさん刺さっている不思議な構造。

ここにもやはり多くの参拝客が詰めかけているようだった。

石門の前には大きなムーンストーンが掘られていた。

描かれた動物は宇宙の真理を表しているのだとか。

こういった寺院に入るたびに靴を脱がなければならないのでだんだんとおっくうになってきます。見学はまだあと数カ所残っているようです。

お次はまた似たようなダーガバだったのでほとんどパスしました。

続いてやってきたのはアヌラーダプラ遺跡群の最北端に位置するアバヤギリ大塔です。こちらもアヌラーダプラの中では有名な建築物になります。

今までの白塗りのダーガバとは異なり、レンガを積み上げて作ってある。

近づくと分かるこの大きさ。これも紀元前1世紀にさかのぼると言うから驚き。

高さはなんと75m。登るような構造になっていないので修復は大変そうだ。

この塔の周りを一周するだけでも時間がかかってしまう。

ひとつひとつそれなりに時間を掛けて見学していたので、だんだんと日が暮れかかってきました。真っ暗になったら困るのであといくつか聞くと、あと2ヶ所とのこと。

さっそく次のスポットへ向かいます。

なにやら森の中にやってきました。ここでのみ、チケットを確認させられました。やる気のなさそうな係員だったので、正規の人なのか少し疑問でしたかおそらくこの方は普通の人でしょう。

森の中にひっそりとそびえているのはサマーディ仏像。

こちらの完成は4世紀とのこと。悟りを開いた仏陀がモデルとなっている。

観光客はほとんどいなくなり、静かさが増していた。

だんだんと日が暮れてきましたが、次が最後のスポットです。

今までとは趣向の違う遺跡で、こちらは沐浴場である。

浴場が二つ連なっており、クッタム・ポクナという名前がある。

一通り見学して終わったのは18時半くらい、約2時間半くらい見学していました。ほぼノンストップで動いていたので、トゥクトゥクをチャーターして動いてもこれくらい時間がかかります。

見所はいっぱいあるし、かなり離れているのであまり自転車はおすすめできないかなというのが所感です。

さて、運転手と共に市内中心部へと戻ります。実は今日の宿を予約していないので、ここから宿探しです。安宿街で降ろしてもらったので、泊まる場所は割とすぐに決まりました。

他のアジアの国々と比べて外国人観光客の数が圧倒的に少ないので、基本的に予約は必要ないくらいどこも空いています。

6人の相部屋でしたが、他に女の子が1人いるだけでした。

宿も決まったので次は食事です。軽食用のお菓子と明日の飲み物を買いにまずはスーパーへ行きました。ここでチョコレートや甘い飲み物を買い明日に備えます。

その後来た道をふらふらと戻りながら、目にとまった地元のレストランみたいな場所でご飯を食べることにしました。

中に入っていくとあいにくの満席。仕方ないので相席をお願いすると、

なんと偶然にも昼間シーギリヤロックで会ったあの韓国人の子が正面に座っていました。

待ち合わせていた訳でもないのにこんな偶然があるんでしょうか。偶然の再会にテンションが上がりながら、さらに話が弾みました。

が、なんだか雲行きが怪しくなってきました。まずはダンブッラの洞窟壁画の感想を聞いたのですが、

ああ、ダンブッラのやつ?なんかたいしたことなかったなあ。インドでもっとすごいもの見たし。

それよりアヌラーダプラの方はどうだった?上手くすり抜ければタダで見学できるらしいじゃん。どこでチケット確認された?

いや、アヌラーダプラのチケットは25ドル分ちゃんと払ったよ。トゥクトゥクでまとめて巡ったんだ。

ええっ高っ!!まじでそんなに払ったの?タダで見れるんだよ?ソンじゃん!それにトゥクトゥク?高いでしょ!?

いやまあチケットは払うべきだし、全部見られて満足だよ!

いやいや、全部なんて見なくていいしタダのところだけ見ればいいよ。お金の無駄じゃん。

考え方の違いというか、お金の使い方の違いというか、このあともシーギリヤでの過ごし方でも比較をしてきました。

そういえばさ、シーギリヤも岩山の方に登ったんでしょ?あれも25ドルだっけ?高くね?混んでるし。ピトゥランガラならたったの5ドルだぜ。どうだ!

いや、ピドゥランガラは世界遺産じゃないし、ライオンの爪も見られないでしょ?遺跡もあるし。

ライオンの爪だけのために25ドルとか、シーギリヤロックなら5ドルで見れんじゃん。すごいっしょ

これ以上この韓国人と話していると自分の感動を奪われていくような気がしました。名前を聞かなかったのはそういう理由もあります。

仕舞いには今日の宿までけちをつけてきました。

今日のホテルはどこに取ったの?おれなんか500円くらいのすっごい安いドミトリーなんだぜ!?

僕が取ったのはこのドミトリーだけど、何?

そうするとわざわざスマホで宿を調べて

え、なんか高くない?俺のとこの方が3ドルくらい安いぜ?

値段はもちろん宿のサービス毎に違いますし、旅先でのたった3ドルの得がいったい何なのか分かりませんが、だんだん不快になってきました。

そういえばさ、スーパーの袋持ってたけど、何買ったの?うわ!チョコレート!これも高そうなやつじゃん!俺絶対買わないわ。

旅をしている人は値段を気にするのはよく分かります。残りのお金は死活問題につながりますし、学生の頃はよく節約旅行をしました。

が、たった数ドルのために血眼になって宿を探そうとはあまり思わなかったし、チケットを買わずに遺跡を巡ってやろうと思ったことはありません。

さっきまでの再開の喜びがどこかへ消えてしまいました。

そういえばシーギリヤで一緒にいたフランス人のおじさんはどうしたの?一緒に来るんじゃなかったの?

ああ、彼はダンブッラで別の人と仲良くなってポロンナルワの方へ行っちゃったよ。

昼間に会ったときには一緒にアヌラーダプラに来ると行っていたのに別の人と別の場所に行っちゃうとは、、と邪推してしまいます。

とはいえ、楽しい食事の席でもあって、料理のことで盛り上がったりももちろんしました。

レストランを出ると、彼もスーパーに行きたいと言いました。案内して欲しいと。疲れていたので迷いましたが、楽しい話もできたのでスーパーに行くことに。

そこで彼は僕が買ったチョコレートに飛びつき、すぐさま値段を調べました。その行動に心の底からどん引きしましたが、その後、

何これめっちゃ安いじゃん!俺2個買ってくわ。明日の朝用と昼用。チョコレートは栄養があって旅の必需品だよな!

といいながらうれしそうに会計をしていることにさらに引きました。

明日、自分は朝一でポロンナルワに向かい、さらに別の場所に向かいます。彼は明日の朝アヌラーダプラを見学した後ポロンナルワに来て泊るらしく、

ポロンナルワでまた会おうぜ。

と言われましたが、その場は取り繕って会わないようにしようと思いました。

宿に着いたのは21時前。明日の朝も早く行動したいのでもやもやする気分を抑えながら早めの就寝にしました。

あの韓国人のおかげで、なんだかどっと疲れが押し寄せた一日でした。

 

次の記事はこちら

 

前の記事はこちら

大行列のシーギリヤロックでライオンの爪を見る。 【スリランカ】旅行記3日目前編

最初から読む方はこちら

7泊9日でスリランカの全世界遺産を制覇する旅 【スリランカ】

 

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

 

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です