フォース橋 【イギリス】 行き方と難易度

フォース橋の行き方

日帰り難易度★☆☆☆☆

フォース橋はエディンバラの北側にある、1890年開通の、カンチレバー方式の巨大な鉄道橋です。現在も鉄道が走る橋が世界遺産に登録されています。

フォース湾は気候が荒く、風も強いため、以前かかっていた鉄道橋は鉄道ごと崩落し70人を越える死者を出す大惨事となりました。

この反省を生かし、丈夫な設計の橋として支柱につり下げて支えるカンチレバー方式のフォース橋が誕生しました。

エディンバラ近郊にあり、ウェイヴァリー駅から鉄道で約10分程度の場所にあります。両岸に駅があるためどちら側からも景色を楽しめます。また、鉄道で橋を渡ることもできます。

フォース橋の行き方

フォース橋はエディンバラ市内からとても近く、エディンバラ・ウェイヴァリー駅からダンディー方面に向かう電車に乗って10分程度で到着します。

通勤列車であるため列車の本数は多く、交通の便がとても良い世界遺産です。エディンバラと併せて訪れると良いでしょう。

フォース橋はフォース湾に架かる橋で、両岸にそれぞれ駅がありますが、岸部近くまで近づくことができるのは手前側のダルメニー駅になります。

ダルメニー駅から階段や坂道を10分ほど下っていくと、フォース橋を綺麗に眺めることができる岸辺に着きます。

エディンバラから約10分で到着するダルメニー駅。奥に赤いフォース橋が見える。

鉄道橋なので現在も毎日たくさんの鉄道が世界遺産の橋上を走行する。

ダルメニー駅前。都市部から離れたのどかな駅である。

西側はやや入り組んでいるので、線路の東側から階段を降りるのが良い。

線路わきの細い階段を下りていく。駅に戻るときは登るのでやや大変。

駅から10分ほどでフォース湾にかかる大きな橋が見えてくる。

太くて丈夫そうなレンガ造りの橋げたも近くで見ることができる。

階段を降り切ると大きな道路にぶつかり、湾の岸辺に近づくことができる。

フォース鉄道橋。橋げたは高いところで46mにもなるという。

フォース橋

風の強いフォース湾にかけられたフォース橋は、十分な強度を持たせるためカンチレバー式と呼ばれる様式を採用した橋です。

プールの飛び込み板のような片方が固定された構造のことをカンチレバー式と呼び、日本でも明治日本の産業革命遺産のうち長崎県にある世界遺産、ジャイアント・カンチレバー・クレーンに使用されています。

全長は1.6kmととても長い橋で、電車に乗って渡ることもできます。

岸辺には水上ボートが一日2~4本ほど運航しており、フォース橋を湾上から眺めることもできます。

背骨のような見た目から鋼鉄の怪物、鋼鉄の恐竜といった愛称もあるのだそうだ。

岸辺のボートハウスからはクルーズ船が運航している。

フォース湾付近は風が非常に強く吹き抜けるので、荷物が飛ばされないように注意。

フォース鉄道橋のすぐ西にはフォース道路橋も架かっている。

やや離れた場所からでも見える。建築には日本人の渡邊喜一氏も携わっている。

普通列車が頻繁に運航しているので、実際に乗って渡ることもできる。

対岸のノース・クイーンズフェリー駅。改札もない無人駅である。

人の乗り降りも少ないのどかな駅だが、鉄道の運行本数は意外と多く、交通は便利。

ノース・クイーンズフェリー駅はややフォース橋から遠く、岸辺近くまでは降りることができない。

 

次の世界遺産へ

ダラム城と大聖堂 【イギリス】 日帰り難易度と行き方

前の世界遺産へ

エディンバラの旧市街と新市街 【イギリス】 日帰り難易度と行き方

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です