ボロブドゥール寺院遺跡群 【インドネシア】 行き方と難易度

ボロブドゥール寺院遺跡群の行き方

日帰り難易度★★☆☆☆

ボロブドゥール寺院遺跡群はインドネシアを代表する世界遺産で、ミャンマーのバガン遺跡、カンボジアのアンコールワットと並びアジア三大遺跡に数えられています。

海外からの観光客にも人気の観光スポットで、頂上部のストゥーパは混雑時は入場制限がかかることがあります。

遺跡はインドネシアのジョグジャカルタという街からバスで2時間程度の場所にあり、ジョグジャカルタからの日帰りツアーも催行しています。交通手段や情報が充実しているのでアクセスしやすい世界遺産です。

ボロブドゥール寺院遺跡群の行き方

ボルブドゥール寺院へのアクセスの起点となるのはジョグジャカルタという、ジャワ島南東部の街です。

ジョグジャカルタ北部のジョンボル・バスターミナルという大きなバスターミナルから、ボロブドゥール行きのバスが運行しています。バスで移動すること2時間ほどでボロブドゥールの小さなバスターミナルに着きます。

トランスジョグジャの路線図。公式サイトより引用。

バスターミナルで降りるとトゥクトゥクのセールスが群がりますが、平坦な道を徒歩10分ほど歩くと遺跡入り口に到着します。

ジョグジャカルタ北部のジョンボルバスターミナル。

小さなバスで2時間ほど。渋滞にはまるとそれ以上に時間がかかる。

ボルブドゥールのバスターミナル。大きな広場になっている。

徒歩10分ほどでボロブドゥール寺院の入口に到着する。

ボロブドゥール寺院のゲート。現地民用と外国人用にゲートが分かれている。

ゲートからさらに歩くこと3~5分ほどで遺跡の前に到着する。

ボロブドゥール寺院遺跡

ボロブドゥール寺院遺跡はジャワ島南東部、ムラピ山の麓にある仏教寺院です。建設されたのは8世紀から9世紀頃とされ、シャイレンドラ王朝時代のものとされています。

ボロブドゥールは火山の噴火によって火山灰に埋もれ、1800年に発掘されるまで実に1000年の間誰にも見つかることなく土中に眠っていました。

低層部分には仏陀の生涯を示したレリーフが並んでおり、4層の外周すべてに美麗な彫刻が施されています。

頂上付近には多数のストゥーパが規則正しく配列されており、その数は70を越えます。それぞれのストゥーパの切り窓部分の形も外周と内周では異なっており仏教の世界観を表現しています。

ボロブドゥール寺院から朝日を眺めるツアーが人気ですが、ボロブドゥール周辺は山風が吹き抜けて寒いので羽織るもを持っておくと良いです。

ボロブドゥールは多くの観光客で賑わう。人の少ない時間帯に訪れたい。

混雑する日は上段部へ登るのに行列ができるという。

祠の中にはたくさんの仏像が彫られており、より神秘性を増している。

基壇部分のレリーフは一つ一つがよく保存されている。

仏陀の生涯の各場面が精巧に描かれている。

これだけの巨大な建造物が火山灰と共に1000年近く歴史に埋もれていたという。

頂上部分には多数のストゥーパ(仏塔)が並び、中央部に大きなストゥーパがそびえる。

横窓部分が仏塔毎に異なり、外側の仏塔は菱形、中央付近の仏塔は四角に彫られている。

釣り鐘の一つ一つの内部には仏像が一体ずつ安置されている。

一部のストゥーパの釣り鐘は外れており、中が見える物もある。

山の麓にあるため、風が強く吹き下ろす。夏でもやや涼しい印象。

ボロブドゥールに隣接する博物館。外国人観光客は無料で入れる。

ボロブドゥールの発掘過程で生じた石材の破片などが展示されている。

パオン寺院

パオン寺院はボロブドゥールから比較的近い位置にある寺院で、ボロブドゥール寺院遺跡群の関連遺跡として世界遺産に登録されています。

高さは約12mほどとそれほど大きくはありませんが、寺院の側面に彫られた彫刻は美しく見応えがあります。

ボルブドゥールからか約1.5kmほど離れているので、後述のムンドゥッ寺院と併せてバイクタクシーをチャーターして訪れるのが便利です。

周りの建物と比較してもやや小さな印象があるパオン寺院。

壁面に彫られているレリーフ。躍動感にあふれている。

ムンドゥッ寺院

ムンドゥッ寺院はボロブドゥール近郊にある大きな寺院遺跡で、ジョグジャカルタからボロブドゥールのバスターミナルへ来る途中バスの中から見ることができます。

寺院外壁のレリーフも美しいですが、内部に安置されている仏像はジャワ美術の最高傑作とも称されています。

ボロブドゥールからは東に3kmほどです。歩くとやや遠いですが、パオン寺院、ムンドゥッ寺院を巡ってバスターミナルまでバイクタクシーをチャーターして70000Rp(500円くらい)でした。

チケット売り場の先に大きな寺院がある。チケットはパオン寺院、ムンドゥッ寺院共通。

大きな外観のムンドゥッ寺院は目立つので来る途中の国道からも見える。

外周の彫刻もボロブドゥールに劣らず美しいのでじっくり見学したい。

寺院の彫刻。観光客が少ないので静かに見学できる。

ジャワ美術の傑作と称される仏像。粗面石を削り、継ぎ足しなどは行われていない。

 

次の世界遺産へ

プランバナン寺院群 【インドネシア】 行き方と難易度

前の世界遺産へ

国立西洋美術館本館 【日本】 行き方と難易度

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です