世界遺産ポロンナルワで熱い岩を歩く 【スリランカ】旅行記4日目

スリランカ旅行記4日目

 

スリランカの夏は暑いですが、日本ほどの蒸し暑さはなく、朝晩はとても過ごしやすいです。

昨日は観光も移動も盛りだくさんの一日でしたが、早めに寝れたのですっきりしています。朝も早く目覚めることができたので早速行動開始です。

旅行先のいつもと違った朝は気分が上がる。

今回の旅は荷物も少ないのですぐにチェックアウトします。バスターミナルは宿から近く、かなり早い時間のバスに乗れました。

ここから3時間ほど掛けて次の世界遺産の街、”古都ポロンナルワ”に向かいます。

エアコンはついていませんが窓から差し込む風がとても気持ちいいです。

車窓からの眺めは一言で言うと荒野という感じ。ひたすら進んで行く。

代わり映えのしない景色ですが、旅行先でのこうした移動はやはりわくわくします。名も知らない街で乗り降りする人々や、行き交う人たち。

次の街はどんな世界遺産があるのか、どんな出会いがあるのだろうかと空想しているととてもわくわくします。

バスも朝早いので空いており、とくにイヤな思いもありませんでした。3時間ほどの大移動の末、ポロンナルワのバスターミナルに降り立ちました。

時刻は11時くらい。かなり順調です。さっそく群がるトゥクトゥクの勧誘。ポロンナルワの方はあまり観光客が多くなさそうです。

こちらはアヌラーダプラと違って、まず最初に正規オフィスでチケットを購入します。その後、自転車を借りるか車をチャーターするかで遺跡巡りをします。

ポロンナルワも京都や奈良のように見所の遺跡が点在しており、一つ一つが離れています。アヌラーダプラほど遠くはありませんが、それでも自転車で巡るのは大変そうです。

できれば今日はここからバスで4時間のキャンディまで向かいたいところで、最終便は17時発とのことでした。

時は金なりで、トゥクトゥクをチャーターして遺跡巡りを開始します。

真っ先に飛び込んできたのは巨大な湖。風が心地よい。

湖の横の道を颯爽と駆け抜けていきます。たしかに自転車で走ったら気持ちよさそうですが、この日は暑くてそれどころではなさそうです。

対岸に野生の象が水浴びしているよ、と運転手のおじさんに言われたのですが、アップしてもイマイチよく分かりませんでした。残念です。

水辺を走ること10分で一つ目の世界遺産遺跡に到着です。

トゥクトゥクを降りて公園内を歩いて行く。

道の先に世界遺産である女神像が見えてきた。

スリランカのお札にもなったことがある石立像。名前等は明らかとなっていない。

ここの敷地にはポトグル・ヴィハーラという遺跡とこの立石増がありますが、ポロンナルワの中でも南の離れた位置にあり人の数は少ないようでした。

こちらは少し大きめの遺跡、ポトグル・ヴィハーラ。

中央部に大きなドームが備えた遺跡で、中段には登こともできる。

この円形の建物の内部では仏教的な行事が行われたという。

日陰が全くないのでとても暑い。昼間の見学は注意したい。

遺跡の周囲には土台と支柱が残っており

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の記事はこちら

 

前の記事はこちら

世界遺産アヌラーダプラで韓国人と再会していやな気分になった話。 【スリランカ】旅行記3日目後編

最初から読む方はこちら

7泊9日でスリランカの全世界遺産を制覇する旅 【スリランカ】

 

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

 

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です