アタプエルカ考古遺跡 【スペイン】 日帰り難易度と行き方

アタプエルカ考古遺跡の行き方

日帰り難易度★★★★★

アタプエルカはヨーロッパにおいても初期にあたる人類の化石が出土した遺跡です。

多くの人骨が見つかっているほか、カニバリズム(人肉食)の痕跡が発見され一躍話題になりました。発掘現場内部へはヘルメットを着用し、専属のガイドが同行したツアーでのみ入ることができます。

ブルゴスの行き方

アタプエルカ考古遺跡はブルゴスの近郊、バスで30分ほどの場所にあります。直接車で訪れるのではなく、現地の専属ツアーに参加します。一番簡単なのが、ブルゴスの考古学博物館のツアーに参加することです。

ブルゴスの観光案内所でも訪ねましたが、博物館のツアーを紹介されました。博物館はブルゴスの中心部、川沿いに位置しています。ブルゴスの街にはもう一つ、世界遺産に登録されているカテドラルがあります。

ブルゴスはスペインの中部、カスティーリャ・イ・レオンに属します。内陸部にあり、マドリッドからは電車、バス共に片道3時間程度です。乗っている時間こそ長いものの、日帰りも十分可能な範囲にあります。

ブルゴスの鉄道駅はカテドラルや街の中心部から離れており、バスやタクシーで20分ほどかかります。バスターミナルは街の中心部に位置し、カテドラルやサンタ・マリア門に近いため、長距離バスの利用をお勧めします。

ブルゴスのバスターミナル付近。巡礼路なのでホテルも多い。

バスターミナルから北が旧市街。ブルゴスの大聖堂が見える。

旧市街に入る前の川を右手に折れて10分ほど歩く。

大きな博物館なのですぐにわかる。遠くにカテドラルが見えている。

中は4階建ての綺麗な博物館で、人類史関連の展示も充実している。

アタプエルカ考古遺跡の行き方

ブルゴスの考古学博物館のツアーは11時発の1回のみでしたが、午前中は遺跡観光、午後は野外の展示解説と、一日かけてのツアーになります。料金は博物館の入館料とセットになっています。ツアーの開始までゆっくり散策すると良いでしょう。ツアーの終了は16時~17時前後と、一日がかりのツアーでした。毎日開催されている訳ではなく、週末に集中しているとのことです。不定期開催のようなので、不安であれば事前に確認した方が良いでしょう。筆者が参加した際は親子連れ1組と自分を含めた個人客3名の少人数催行でした。

全員で7人の参加だったが、大きなバスでのツアーだった。

のどかな草原が広がる。このあたりは巡礼路であるため、歩いている人をよく見かけた。

考古遺跡の入り口。ここから先は指定されたガイドが同行しなければならない。

近くにスペイン軍事施設があるらしく、軍服を着た人を見かける。

アタプエルカ考古遺跡の表示。観光地ではないので静かな雰囲気が流れる。

ヘルメットをつけていざ中へ入場。奥に発掘現場が見えている。

一つ目の発掘地点に到着した。ガイドの案内に従って遺跡を巡る。

ツアーはスペイン語だが、気を遣って英語でも少し解説してくれた。

発掘現場である地層がそのままむき出しになっていてリアルさがある。

発掘遺構は意外と深い。足下は比較的整備されており歩きやすい。

全部で3つの発掘現場を見学できる。残りの2つの遺跡に移動するがどれも近い。

鉄道を敷く計画中に偶然人骨化石が発見されたことから発掘がは始まったという。

2つ目の発掘現場。大きな岩盤に深い穴が開いている。

3つめの発掘現場。今なお発掘作業は行われており、鉄骨も使われている。

人骨だけでなく、彼らの生活の跡も見つかっており、いまなお議論の対象となっている。

深く掘られた穴を見かけた。発掘現場に入る経験自体がとても貴重である。

名も無き小さな村に連れてこられて各自で1時間自由にお昼休憩があった。

暇だしお金もなかったので村をふらふらと散策。小さな村も楽しい。

小さな教会を見つけた。スペインの田舎らしいのどかな時間が流れる。

午後は小さな博物館に連れてこられた。人類史に関する展示施設があった。

当時の生活に関する野外展示が充実している。こちらを巡って解説していく。

獣の骨を使った物の切り方や、鋭い先端の作り方を実演するコーナー。

野外には昔の住居の再現がある。アタプエルカよりも後の時代のものと思われる。

他にも弓の引き方や壁画の染料の合成など、様々な展示があった。

住居での火の起こし方の実演。スペイン語で考古学の授業を受けるという奇妙な体験をした。

 

次の世界遺産へ

サン・ミジャン・ユソ修道院とサン・ミジャン・スソ修道院 【スペイン】 日帰り難易度と行き方 / No.34

前の世界遺産へ

ブルゴス大聖堂 【スペイン】 日帰り難易度と行き方 / No.32

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です