ジブラルタル海峡を渡りスペインへ【モロッコ・スペイン・ポルトガル】旅行記11日目

ジブラルタル海峡を渡りスペインへ

11日目 世界遺産8/47ヶ所

青の街シャウエンで一夜を明かしたこの日は海を渡り、スペインに入国します。

同室者のいびきがうるさくあまりよく眠れませんでしたが、朝の8時シャウエンを出発します。

行きはさんざん苦労した坂を下り、バスターミナルに向かいます。まずは世界遺産のある町、ティトゥアンへ向かいます。

シャウエンのメディナからバスターミナルへ降りていきます。

8時半に来たティトゥアン行きのバスに乗り込みました。朝早いながらバス内はほぼ満席。値段は30DHほどでした。

1時間半ほど走ったところでようやくティトゥアンのバスターミナルに着きました。

ティトゥアンのバスターミナル。市内からはやや離れています。

立派な外観のバスターミナル。改装中のようでした。

荷物をバスターミナルに置き、世界遺産のメディナへ向かいます。北へ700mほどの距離ですが坂がありなかなか時間がかかりました。

南側は大きく発展する様子を見せていました。

スペインに近いためか、どこかヨーロッパの雰囲気を覗かせます。

坂を登り続けると、ヨーロッパに近い建物が増えてきました。

カフェなどの町並みが、モロッコの今までの街とは明らかに違います。

王宮の脇から世界遺産のメディナに入っていきます。

ティトゥアンのメディナは15世紀、イベリア半島のグラナダ陥落によって逃げてきたイスラム教徒が定住し、また一時期スペイン領となったことから文化が混在した街となっています。

他のメディナと比べ雑多な感じがなく、綺麗に見えます。

中でも目を引いたのが石畳の通路。おしゃれですね。

白い壁、緑の扉を基調としたメディナです。

フェズやマラケシュと比べると活気に欠ける気もします。

革製品のスーク。モロッコらしさもあります。

地中海が近いためか魚屋が多く、ネコもたくさんいました。

モロッコのフェズやマラケシュといった他の世界遺産と比較するとあまり活気がなく、訪れにくい場所だからか観光客もほとんど居ませんでした。

ただ、西洋文化とメディナの混合という独特の景観は楽しめたと思います。

中央付近にある広場。やや高台になっています。

来るのは大変ですが、一風変わったメディナでした。

特筆すべき建築物等は無いので、2時間ほどメディナを散策した後はバスターミナルに戻ります。できれば今日中にスペインに渡ってしまいたいからです。

客引きに聞きながらタンジェ行きの乗り合いバスを探して乗り込みます。座れましたが、どんどんと後から人が乗り込みあっという間に満席になりました。

歩き疲れて少しうとうとしていましたが、1時間半ほどで港町タンジェに到着しました。

バスで山を下ると、大きな港町が見えてきました。

タンジェのバスターミナルに到着。

街の雰囲気はがらっと西洋風に変わりました。

高級ホテルも多く、欧米の観光客も多く見かけます。

タンジェはヨーロッパから気軽に来られるため、ツアーなどでも組み込まれる人気の観光地なのだそうです。

さて、日が暮れる前にスペインに渡航するためまずは新タンジェフェリーターミナルへ向かいます。

巡回バスもあるそうですが、ちょうど乗り合いのグランタクシーが捕まったのでそれを利用しました。車で40分とやや距離があります。

街からは思っていたよりも離れていました。片道30DHでした。

タクシープールに到着。館内は撮影禁止です。

新タンジェ港に到着したのは15時頃。見た感じ、ほとんどのフェリーが大きく遅れているようでした。

とりあえず次に来る16時発のフェリーのチケットを購入。パスポートを預けるだけですぐに発券されました。値段は320DHでした。これで今日中にスペインに渡ることが確定したので一安心です。

暇なので少し散策しましたが、新タンジェ港は人が少なく静かな雰囲気でした。ほとんど店も開いておらず観光客もまばらです。

手持ちのモロッコマネーを使い切り、ATMでユーロの準備をします。出国手続きは本当に簡素で、荷物検査の担当もやる気なさげな感じでした。

乗る予定のフェリーも例に漏れず遅れていたようで、16時にようやく乗船が始まりました。バスで船の近くまで連れて行かれた後、乗り込みます。

とても大きなフェリー。いよいよモロッコともお別れです。

次なる国へ向けて少しわくわくしてきました。

たくさんの人が乗船できるスペース。人はまばらでした。

早速船内を探検します。下のスペースは駐車場、中層は人が滞在するスペース、そして外は展望スペースとなっているようでした。

結局乗船客はほとんどおらず、ざっと2,30人ほどを乗せ、遅れること1時間の17時、無事出港しました。

下層は駐車場になっているようですが、ガラガラでした。

甲板で車の積み込みを見学します。終わるとスロープが上がりました。

いよいよ出港です。船はアフリカ大陸を離れヨーロッパに向かいます。

船首側。イベリア半島の大陸はまだ見えません。

どんどんと遠ざかっていくモロッコの大地。

ジブラルタル海峡。たくさんの海鳥が飛んでいます。

船室にいても退屈なので甲板で外を眺めながら過ごします。海風が強く、強烈な潮の匂いが辺りを包んでいました。

2時間ほどで、船首の方に大陸が見えスペイン側のアルヘシラス港へと到着しました。

イベリア半島のイギリス領、ジブラルタルが見えてきました。

船首側にスペインの大きな港が見えてきました。

19時。無事にスペインのアルヘシラスに到着しました。

ヨーロッパに到着。いよいよ新たな冒険が始まります。

びっくりするくらい簡単な入国審査と荷物検査を受け、あっさりスペインに入国しました。

アルヘシラス港。たくさんの国際船が寄港します。

おしゃれな町並みはモロッコと全然雰囲気が違います。

アルヘシラスは港を出るとそのまま街に繋がっています。

歩きやすい道、コンビニ、スーパー、薬局。便利なものがそろっています。

近くで宿を取れたのでひさびさにゆっくりできそうです。

近くのスーパーで偶然日本人の男性に出くわしました。聞けばさっきのフェリーに一緒に乗っていたとのこと。全然気がつきませんでした。

彼は8ヶ月ほど旅を続けているそうで、このまま北上してセビリアで闘牛を見学し、ポルトガルのリスボンに抜けるのだそうです。さらにリスボンから船で南米を目指すという目標を語ってくれました。

久々に日本語を話したので町中でしばらくいろいろな話をして盛り上がりました。明日自分はグラナダ方面に向かうので彼と会うのは今日が最後でしょう。こうした出会いと別れがあるのが旅の醍醐味でもありますね。

スーパーで足りなくなった備品を買い足し、宿に戻りました。次はスペインはアンダルシア地方の世界遺産を巡っていきます。

 

つづく。

 

少し長い旅行記となりますが、基本的には月水金の週3更新を目標に執筆する予定です。

下のランキングボタンをクリックして応援していただけますと幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

次の記事はこちら

スペインの新名所!ロンダのヌエボ橋【モロッコ・スペイン・ポルトガル】旅行記12日目

前の記事はこちら

青の街シャウエンの魅力【モロッコ・スペイン・ポルトガル】旅行記10日目

最初から読む方はこちら

41日間で47ヶ所の世界遺産を巡ったモロッコとイベリア半島の旅 【モロッコ・スペイン・ポルトガル】旅行記計画編

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

 

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です