ダラム城と大聖堂 【イギリス】 日帰り難易度と行き方

ダラム城と大聖堂の行き方

日帰り難易度★★★☆☆

ダラム城と大聖堂はイングランドとスコットランドの境付近に位置するダラムの町にあります。

ダラム城は11世紀に北部防衛の要として建設されましたが、のちにダラム大学の学生寮として使用されるようになりました。現在も学生が暮らしており、その一部は現地ツアーによってのみ見学することができます。

ダラム大聖堂も同じ11世紀前後に建てられたもので、ノルマン様式の大きな教会は映画ハリーポッターのホグワーツ城のロケ地として使用されたことでも有名です。

ニューキャッスル・アポン・タインから鉄道で15分程度の場所にあります。ダラム城のツアー頻度が1日4回程度とやや少なく、開始時刻も頻繁に変わる上に、学校行事等で休みになることもあります。

交通の便は悪くないものの、ダラム城の内部見学ツアーが不定休である点には注意が必要です。

ダラムの行き方

ダラムはイングランド北部の大きな町、ニューキャッスル・アポン・タイン近郊に位置しています。電車の本数も多く、約20分弱でダラム駅に到着します。

ダラム駅から市内へは約5分ほど坂を下ります。大きな橋のあたりが観光客でにぎわうエリアです。

ダラム城と大聖堂は丘の上にあり、市内からやや登っていきます。奥側に大聖堂が、手前側にはダラム城(大学)が位置しています。

ダラム駅はダラム市内を見下ろす高台の上に位置している。

ダラム市内の大きな橋は大道芸人もたくさんいるメインストリートである。

橋からは丘の上に建つダラム城(左)と大聖堂(右)が見える。

イングランドの北端を守る砦として重要な役目を果たしていた。

丘の上までは川沿いの小道を進むか、市内の大通りを上がっていく。

ダラム城と大聖堂は丘の上にあるので、到着まで登り坂が続く。

メインストリート側からの道。こちらの方が店もあり賑わっている。

しばらく進むと大聖堂の大きなファサードが見えてくる。

正面に構えているのがダラム大聖堂。車と比べるとその大きさがわかるだろう。

大聖堂の横に、ダラム城のツアーを予約するオフィスがある。

こちらがダラム城の図書館。内部は博物館のようになっており、お土産も売っている。

ツアー時刻は日によって変わる上に1日数本しかない。先に予約を済ませてから大聖堂を見学するとよい。

ダラム城

ダラム城はイングランド北部においてノルマン朝が栄えた時代を示すノルマン様式の建築です。1800年代に大幅な改装が行われ、現在は多数の部屋を持つ学生寮となっています。

大学の敷地内であるため自由な立ち入りはできず、ガイドツアーのみでの見学になります。学校行事等で不定期で休業になります。

ハリーポッターのロケ地でもあるためやや観光客の数も多いです。ツアーは1日に数回しかないため、早めに行って申し込むのが良いでしょう。このため、に帰り難易度をやや高めに設定しました。

内部は撮影禁止で、言語は英語です。ツアーでは地下室や礼拝堂などダラム城のごく一部のみ見学することができます。

ダラム城のツアーを管理する建物。内部には大きなコインロッカーもある。

ツアーの待ち合わせ場所はダラム城の入り口部分。看板が立っている。

奥には大きな見張り門がある。ここをくぐるとツアーがスタートする。

朝一番のツアーなので20人弱ほどだったが、次のツアーでは人数がかなり増えていた。

城の外観。壁が厚く、重厚な雰囲気が特徴のノルマン様式の建築である。

ステンドグラスのある小さな入り口からツアーがスタートする。これ以後は撮影禁止。

内部を一通り見学した後、入ったときとは別の場所から出てくる。

ツアーは城から出て終了。その後はこの広場のみで撮影タイムがあった。

建物をじっくり見て回る時間があった。とても学生寮とは思えない豪華さである。

ダラムの高い丘を利用した見晴らしの良い防衛拠点である。

休憩スペースもある。ここにいる間も学生の姿を見かけた。

詳しいツアー情報や内部の様子は下記リンクの公式HPからどうぞ。

ダラム城【公式HP】英語

 

ダラム大聖堂

ダラム大聖堂は1093年に着工されたノルマン様式の教会です。重厚で美しい外層は映画ハリーポッターのホグワーツ魔法学校として使用されました。

見所は大聖堂の一番後ろ側に当たるガリラヤ礼拝堂。石棺や石柱が並び、ひんやりとした雰囲気のある礼拝堂は、この建物の中で最も古い部分に当たります。

開館時間が7時半から20時と広いため、非常に訪れやすいです。ダラム城ツアーの待ち時間を利用して見学すると良いでしょう。

ミサの時間帯は立ち入りが制限される他、大聖堂の内部は写真撮影ができません。また、神聖な場所であるため大声でのおしゃべり等も控えましょう。

ホグワーツ魔法学校の外観として利用されたダラム大聖堂。

入り口はこちら、大聖堂に向かって右手の門から中に入る。

周辺にはお墓もたくさんあり、地位ある人々が安置されている。

ダラム大聖堂の主教座は大きな権力を持っており、長い間ダラムを治めていた。

大聖堂の回廊側。宝物庫やレストランなども併設されている。

多くの巡礼者がこの地を訪れ、ダラムは繁栄を続けた。

回廊を歩くとホグワーツの生徒になったような気分を味わうことができる。

 

次の世界遺産へ

ローマ帝国の国境線 (ハドリアヌスの長城) 【イギリス】 日帰り難易度と行き方

前の世界遺産へ

フォース橋 【イギリス】 日帰り難易度と行き方

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です