魅惑の国カンボジアと国境ポイペトを通ってタイを目指す旅 【カンボジア・タイ】 カンボジア・タイ旅行記0日目

カンボジア・タイ旅行記 0

カンボジアの国境ポイペト。ここを越える時もいろいろなドラマがあった。

この旅行は修士2年の卒業旅行の話である。当時所属していたラボは(というよりは学科全体が)卒業審査をかなり厳しく行うことで有名だった。

毎年審査に落ちて卒業できない人が出るほど厳しく、発表や修論の準備で追われていた。結果をとりまとめるも何度も修正を余儀なくされ(当然だが)精神的にも肉体的にも大変だった時期だった。

そんなラボだったが、卒業のごたごたもありほとんど休みが取れなかった。なんとか1週間ほど休み期間を見つけ(というかほぼ勝手に)世界遺産巡りをしようと思った。

幸い当時はそれほどお金に困っておらず、行き先にはいろいろ候補があった。ヨーロッパやアフリカ、南アメリカ方面は2週間以上のまとまった休みを取って行きたかったので東南アジアを周遊したいと思った。

真っ先に思いついたのが、行ってみたい世界遺産ランキングで常に上位に入るアンコール・ワットである。ジャングルにそびえる遺跡や植物に侵食された廃墟など、まさに魅惑の国である。

憧れの世界遺産として常にランキングしているイメージのアンコールワット

当時カンボジアには世界遺産は2つ(2018年現在3つ)あったため、この2つを巡り、プラスで一ヶ国行きたいと思っていた。

これまで1ヶ国をじっくり周遊する旅のスタイルを貫いてきたため、トランジットを除き一回の旅で複数ヶ国を訪れること自体初めての経験だった。そこで、かねてからの疑問”国境って実際どうなってるんだろう?”の答えが知りたくなった。

そこでシェムリアップからのアクセスが簡単そうなタイをもう一ヶ国に選び、旅行が決まった。

ちなみにこの旅はほとんど何の計画もなく、ホテルと航空券だけを取って乗り込んだのである。修士論文で徹夜続きのぼろぼろの体で、荷物の準備もままならぬまま、無謀にも出国の日を迎えてしまった。

旅程としては、

2017年3月15日(水)09:15成田(日本出国)→14:05バンコク(タイ着)19:50バンコク(タイ発)→21:00シェムリアップ(カンボジア着)

3月16日(木)世界遺産アンコール遺跡群の見学

3月17日(金)ベンメリア遺跡、バンテアイスレイの見学

3月18日(土)世界遺産プレア・ヴィヒアの見学

3月19日(日)08:00シェムリアップ(カンボジア発)→16:00バンコク(タイ着)

3月20日(月)バンコク→世界遺産古都アユタヤーの見学→バンコク

3月21日(火)09:25バンコク(タイ発)→上海(中国着)上海(中国発)→20:50羽田(日本着)

全体的に移動が多く、タイの滞在は1日と短いですが、メインはアンコール遺跡群と国境越え。この2大イベントはまさに卒業旅行にふさわしい。

訪れる世界遺産は3件。

・アンコール Angkor

・プレア・ヴィヒア寺院 Temple of Preah Vihear

・古都アユタヤー Historic City of Ayutthaya

言わずと知れたアンコール遺跡の他、天空寺院の異名を持つプレア・ヴィヒア寺院も気になります。また、タイのアユタヤーも有名な世界遺産で、崩壊した寺院と木の根に絡まれた仏像などがあります。

 

この旅でもいろいろな出会いがあり、いろいろな出来事がありました。この記事では、旅行記として個人の主観を発信できたらと思っています。

 

次の記事はこちら

カンボジア・タイ旅行記1日目 【カンボジア・タイ】 マイペースすぎる入国審査官と野犬王国カンボジア

 

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

 

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です