「レゴ」で作った世界遺産展の魅力レポート

「レゴ」で作った世界遺産展の魅力レポート

 

世界遺産の造型はどれも美しく魅力的ですが、そうした世界遺産をレゴで再現した展覧会が、現在東京で開催されています。

PIECE OF PEACE「レゴ®ブロック」で作った世界遺産展 PART-4

期間: 2020年2月22日(土)-3月15日(日)

会場: 渋谷PARCO 4F、池袋PARCO 7F

入場料: 1会場は大人300円、2会場セット券は大人500円

公式HP: https://www.pofp.jp/exhibition/exhibition_tokyo/

今回のレゴで作った世界遺産展は4回目の開催となるそうで、今年は60作品と規模もパワーアップしています。

コロナウイルスの影響でなかなか海外旅行にも行けない時期が続きますが、展示から元気をもらってきたのでさっそく紹介していきます。

池袋PARCO 7F

こちらは池袋PARCO 7Fの会場の入口です。

日本の世界遺産をレゴで再現したエリアです。縮尺はマチマチみたいですね。

大浦天主堂。実際に訪れたときは修復中(右上)だったので全景が見られて満足。

行ったことのある世界遺産はその再現度にいっそう感動します。

平泉の構成資産である毛越寺の浄土式庭園。水の表現も綺麗ですね。

昨年登録されたばかりの世界遺産、大仙陵古墳。緑の色合いが美しいです。

続いてアジアゾーン。各国の代表的な世界遺産が飾られていました。

アンコールワットの岩の質感などもみごとに再現されています。

韓国の水原華城のカーブもしっかり再現されています。

行ったばかりのベトナムの世界遺産、フエのレゴもありました。

最後はヨーロッパ・アメリカ・アフリカゾーンです。行ったことが無い世界遺産が多かったです。

イギリスの国会議事堂とビッグベン。ビッグベンは現在は修復中です。

ブレーメンの旧市庁舎。手前のローラント像も再現されています。

渋谷PARCO

 

見どころはサグラダファミリアやノートルダム聖堂です。

厳島神社。やや鳥居が大きすぎる気もしますが、笑

 

まとめ

どちらの会場もレゴで再現された世界遺産のレベルが高く、見応えがありました。値段も2会場で500円とお得なのでどなたにもおすすめできそうです。

池袋PARCOは駅直結ですが、渋谷PARCOは駅から少し歩きます。途中ゆるやかな坂もあるのでお気をつけください。

いままでたくさんの世界遺産を見てきた人に、ぜひ本物との比較を楽しんでもらいたいです。

コロナウイルスの影響か館内は比較的空いている印象でした。3月15日までなので気になった方はお早めにどうぞ。

 

本サイトで紹介する情報は筆者の訪問当時の現地情報となります。実際に行ってみて変更や意見等がございましたら、コメント等でお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

また、本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です